パインリサーチ社回転ディスク電極、回転リングディスク電極チップとセル

  AFMSRCE回転リングディスク電極はE2〜E8のチップシリーズを使えます。AFMSRCEはAFE3Mシャフト(軸)を使用するとE2〜E4のチップシリーズを使えます。AFE6MBシャプトを使用するとE5〜E8のチップシリーズを使えます。
  新型の回転リングディスク電極WaveVortex10はE5〜E8のチップシリーズを使えます。
  パインリサーチ社の電極チップの種類は多彩です。特徴の一つはディスク材料交換可能のRDEチップとRRDEチップです。ディスク材料はインサートと言います。研究者は自作インサートも使用可能です


チップ早見表

シリーズ 用途 特徴 シュラウド シャフト 適応ローテーター
E2 RDE シャフトとチップ一体型 PTFE/PEEK(80℃) AFMSRCE
E3 RDE チップを交換する PTFE/PEEK(80℃) AFE3M AFMSRCE
E4 RDE インサートを交換する PTFE AFE3M AFMSRCE
E5 RDE チップを交換する PTFE/PEEK(80℃) AFE6MB AFMSRCE/WaveVortex10
AFE5TQ050 RDE インサートを交換する PTFE/PEEK(80℃) AFE6MB AFMSRCE/WaveVortex10
E6R1 RRDE インサートを交換する PTFE/PEEK(80℃) AFE6MB AFMSRCE/WaveVortex10
E6R2 RRDE ディスク、リング面積大きい PEEK(80℃) AFE6MB AFMSRCE/WaveVortex10
E7 RRDE ディスク、リング間のギャップは薄い PTFE AFE6MB AFMSRCE/WaveVortex10
E8 RRDE 理論値捕捉率高い(43.9%) PEEK(80℃) AFE6MB AFMSRCE/WaveVortex10

Products
WaveVortex10 回転リングディスク電極
AFMSRCE回転リングディスク電極
神経電気化学研究 
ポテンショスタット
ハニカム分光電気化学セル    

詳しい図面を描いたPINE社RDE/RRDEカタログ(価格付、PDFファイル)をe-mailで、送ることが出来ます。下記のアドレスにアクセスして下さい。

 
インターケミ株式会社
〒270-0013千葉県松戸市小金きよしヶ丘3-7-7
TEL: 047-344-8558  FAX: 047-344-8108
e-mail:
pine@inta-kemi.com